ワーママ しろくまっこ の日常

日常の些細なコトが気になる一男一女のアラサーワーママ。心地良い暮らしを模索するブログ。

熱中症対策にも◎授乳中の栄養ドリンクを甘酒に変えたら…いいことづくめ?!

こんにちは、しろくまっこです。

 

世の中の授乳中のママ様方、毎日お疲れ様です。

授乳ってなんでこんなに疲れるんでしょう。

一人目の時もでしたが、特に夜の3時間おきの授乳はまるで部活動を彷彿とさせます。

 

「3時間おき」といっても、

22時に飲ませたとして(20分授乳)

⇒ゲップ出しトントン(5分)

⇒ほぼ80%の確率でう〇ちをするのでオムツ替え(5分)

⇒自分が寝付くまで(5分)

ですから、この時点で22時35分なわけなんです。

そして次回の授乳がきっかり3時間後だとしても1時。

…そう、2時間25分後にはまた目覚めないといけないわけなんですよね。

そしてあくまで、これは最大値!わずか1時間後に途中でう〇ちをしてフエッフエ泣くこともあれば、わずか30分後にゲップが上手くいかなかったのか、おっぱいを吐き戻し着替えをさせることだってしばしば。

22時から7時までが就寝時間だとしてもMAXで2時間35分×3セットで7時間40分。そう上手くはいかないので毎日6時間睡眠がやっとです。

そして、原因不明の情緒不安定に襲われながらの真夜中の授乳は精神的にも堪えます。

 ↓この記事でも書きました。科学的根拠はどうやらあるようですが…

www.shirokumakko.com

 私は長男の時も、現在も、妊娠中・そして授乳中は2日に1度、ノンカフェインの栄養ドリンクを飲用しています。

 身体にもあまり良くないとは思いつつ、習慣的になってしまってやめることができないんです…

でもやはり長期的に服用するのはいかがなものか。

そんな時、母に全力で薦められたのが甘酒でした。

熱中症対策にも、はたまた美容にも良いとされる今話題の甘酒。ただ、どうも私は甘酒に対し、これまで苦手意識を持っていました。

 

甘酒=まずい、苦手のイメージを勝手に抱いていた原因は…

甘酒って、子供の頃に口にした時、「うげー」となってからずっと苦手意識を持っていました。

その元凶になったのは、 正月に神社にお参りに行ったときに配っているあの甘酒!

しかし、調べてみると、どうやら甘酒といっても2種類あるようで。

そう、酒かすから作るものと米麹から作るもの。神社で無料で配っていたアレは酒かすから作られたもののようです。ちなみに、よく見る赤い缶に入っているアレも、酒かす由来らしい。

 

近年、美容にも、はたまた授乳時の栄養補給や熱中症対策にも良い「飲む点滴」と称されるものは米麹からできた甘酒だったのです!

 

調べれば調べるほど、絶大なパワーをもつ甘酒。

これはもう、飲まない理由が見当たらない!!(なんて単純…しかしその性格は小学生時代から。身体によいと聞くと受け入れ体制に入る性質のようです^^;)

f:id:shirokumakko:20180723223521j:plain

産後のママに甘酒が良い理由5つ

調べてみると、甘酒の持つパワーは私の今抱えている不調、悩みにドンピシャな効能ばかり!

甘酒パワー①「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養豊富

甘酒にはこんなにたくさんの有効成分が含まれています。

・ビタミンB1、B2、B6

・葉酸

・オリゴ糖

・食物繊維

・システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸

・コウジ酸

・ブドウ糖

実は、これらの栄養成分…点滴に含まれる成分とほぼ同じ!身体がだるくてどうしようもない時、風邪のひきはじめに、点滴をするとしこたま元気になる私。

それが、毎日の甘酒習慣で点滴と同効果を得られるんであれば…点滴いらず、栄養ドリンクいらずですね。システインとか、アルギニンとか、たしかによく栄養ドリンクの成分表示で見かけます。この「必須アミノ酸」、私たちの体内では生成することのできない成分。それを毎日の習慣で補えるのも甘酒の魅力!

その栄養の高さから、江戸時代には栄養ドリンクとして飲まれていたのだとか。良いものというのは長きにわたって愛されるんですね~

 

甘酒パワー②整腸効果で便秘も改善!

 甘酒に含まれる麹菌は、米のでんぷんを分解する過程でオリゴ糖を作ります。オリゴ糖は腸内の善玉菌の餌となり、ビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれるので、腸内細菌のバランスを整えてくれるのです。さらに、食物繊維も含まれているため、腸内の老廃物を排泄してくれる効果も◎

朝コップ1杯の甘酒を飲むことで腸が活発に動きだし、便通を促してくれます。

私は、妊娠中も、現在も、重度の便通に悩まされる日々(産院から処方されたマグミット錠を飲んでもなお、1週間に2回程度)。この効果にも期待大です!

 甘酒パワー③美白成分が含まれシミを抑制!

甘酒に含まれるコウジ酸は、シミの元となるメラニン生成を抑制し、シミやくすみを防いでくれる効果があると言われています。

妊娠中に顔はもちろん、手や腕にもシミが出来てしまった私には嬉しすぎる効能です。

ハイチオールCなど、服用系のシミ対策も授乳を終えた頃に…と考えていましたが、それも不要になれば嬉しい!なにより、スキンケアもシンプルで済むということなので、やみくもに新製品に飛びつくこともなくなり、節約にもつながりそうです◎

 

甘酒パワー④エイジングケアも?!もはや「飲む美容液」

 

 甘酒に含まれるビタミンB群とコウジ酸にはお肌を白くする美肌効果&肌細胞を活性化させてターンオーバーを促す効果があると言われています。

また、「酸化」でお肌が老けるとよくいわれますが、甘酒には抗菌・抗酸化作用および活性酸素を除去し、老化防止効果があるとされるフェルラ酸が含まれています。

また新しい成分が出てきました。じつは、甘酒に含まれる酵素の種類はなんと100種類以上!ここには書ききれないほどです。この酵素たちを体内に取り込むことで代謝があがり、細胞が入れ替わり新陳代謝を促すことでアンチエイジングにつながる、というわけです。

 

甘酒パワー⑤酵素の力で産後ダイエットにも

 

さきほどの100種類以上の酵素たちの中に、「パントテン酸」というものがあり、これは脂肪や糖分をエネルギーに変換する役割を持っています。他にも、脂肪燃焼効果のあるリパーゼ、整腸効果のあるオリゴ糖、新陳代謝を促す酵素の力が相まって、朝食の飲み物を甘酒に置き換えることでのダイエット効果が期待できます。

私は、便秘解消のために毎朝ヤクルトもどきの乳酸飲料を飲んでいますが、これも糖分をかなり含んだ飲料なので甘酒に置き換えることにします。

 

以上、甘酒パワー5つを紹介しましたが、他にも

・美髪効果

・疲労回復

・風邪予防(免疫力アップ)

などがあります。

まさに、究極の発酵食品といえます。

点滴と同成分ということもあって、熱中症対策にもうってつけですね。

本当に今年の暑さは災害レベルと言われるほどですから…正しい水分&栄養補給で自分も、家族の身も守りたいものです。

 

 

ただいまキャンペーン中のこちらで注文

今や甘酒ブームも定着化し、たくさんの製品が出回っていますよね。

 

まだ産後1カ月検診を終えていない私。この暑さで外にもなかなか出られない&早く飲みたい気持ちを抑えきれず、キャンペーンをやっていたこちらのショップで注文。

飲みやすいから続けられる【さらっと飲みやすい糀の甘酒】

新潟に酒蔵を構えている甘酒の専門店ということで品質も安心かなぁと。

 

まずは送料が無料になる3本セットでお試し。

私は150円の栄養ドリンクを週に4本は飲んでいたので、150円×4本×4週=2,400円。

月に2,400円分を自然由来の甘酒に置き換えると思えば、お得です!むしろ、美容成分や整腸作用、ダイエットのことも考えたら、一石何鳥?!

2〜4日前後で届くみたい!ワクワク!

甘酒苦手な私でも飲めるのか…いや、苦手でも薬だと思って飲む価値はあります!

飲んだらまたレポしたいと思います。

 

 

www.shirokumakko.com