ワーママ しろくまっこ の日常

2歳の息子をもつアラサ-。ワーママ目線で気になる情報やおすすめを発信します。

陣痛ジンクスの効果はいかに?!2人目出産レポ①【予定日8日超過】

こんにちは、しろくまっこです。

 

計画分娩を避けるために、入院前日にやれる事はやりきった私。

 

www.shirokumakko.com

 

さぁ、あとは陣痛を待つばかり

f:id:shirokumakko:20180701032700j:plain

2人目予定日8日超過。入院までのレポート

 

入院前夜〜なんの前兆もなく就寝

 

結局陣痛を迎えることなく、息子2歳の寝かしつけの時間になってしまいました。

時間は20時半。いつもなら寝かしつけのあとこのブログを書くためにもう一度起きるところですが、その日は連日の前駆陣痛で寝不足続きだったこともあり、「いつ陣痛がきてもいいように」寝られる時に寝ておこうと、息子と一緒に眠りにつきました。

このときの選択が間違っていなかった!

 

入院当日〜AM1:00起床

 

ここ最近は身体が重くなってきたせいか、5時間以上は連続で眠っていられない。この日も4時間半で目覚め、トイレに行くと夫君もソワソワしていたのか、起きてきた。

「眠れないね〜起きちゃおうか」と、MUSIC DAY(長丁場の陣痛に気を紛らわすため、夫君が録画しておいてくれた。なんてったって11時間ですから!) をかけながら三陰交のツボを押してもらう。ついでにあぐらもかきながら。

ここで、「そういえば最近出してないな・・」と思い立ち、産院から処方されていたマグミット錠を飲む。

すると数分後、お腹が痛くなりトイレに駆け込むも、出ない。いつもは飲んですぐ効くのにおかしいなぁと思いながらもまたリビングに戻りMUSICDAY鑑賞。

すると数分後、また痛くなる。

トイレに行くも、出ない。

ん、、これはもしかして…

と、インストールしてあった陣痛アプリをはじめて開きました。

 

 

AM2:27  まさかの陣痛スタート?!

 

測ってみると、なんと12分間隔!

便意の痛みかと思ったものはまさかの陣痛!?

だんだん痛みは生理痛の様な鈍痛に変わっていきました。

3波くらい確認できたところで、隣で呑気にテレビを観る夫君に

「きたかも、、陣痛かも」と伝えました。

すると、

「まじで?!やったね!病院行く?!」 

とかなり食い気味。

「いやいや、ちょっとまって…」

まだまだ余裕もあり、陣痛かどうか自信がなかった私。前回も入院から13時間陣痛室にいたこともあって、なるべく我が家で過ごして体力温存もしたい…でも2人目は一気に進むとも言うし…と葛藤。

 

「あと2波きたら、とりあえず病院に電話をかけよう」と腹をくくりました。

 

AM3:31  産院へ電話

 

なんとなく、弱い痛みで陣痛が遠のきそうな不安もありつつ、「病院側も準備とかあるしな…」と、重い腰を上げ、時間外の専用ダイヤルに電話。

すぐに助産師さんらしき人が出る。ちょっと忙しそうな気配。

 

「もしもし、しろくまっこと申します。41週1日で、本日午後に誘発分娩に行く予定だったんですが…今10分から12分間隔で陣痛がきました。破水はしてません。」

「あら~10分?じゃあ、向かってもらおうかな~」

「え!!?でも、まだ軽い生理痛の痛みのような感じで…感覚も不規則で…家から病院も10分程度なので…(なぜか言い訳がましい)」

「近いのね~!じゃあ、8分間隔くらいになったら来てもらおうかな。」

「わかりました、また出る時連絡します。」

 

あ~よかった、まだ家でゆっくりしてられる…となぜかホッとし、電話を切るも、まだ陣痛が弱いうちにできる事をやっちゃおうと、頭を巡らせます。

私が夫君に指示を出したのはまさかのヘアーアイロンにスイッチをいれること

夫君もまさかの指示に若干の戸惑いを見せつつも、本気の表情の私(髪はボンバー)を見て素直にアイロンスタンバイ。

だって、これから長い闘いになるのに、髪の毛がモシャモシャだったら集中できないし、出産後の写真撮影もあるし…と、一応眉毛も書く私。

そのほか、入院の準備はほぼ完了していたので、大事な腹ごしらえ。

異様にジャンキーなものが食べたくて、カップ焼きそばがないか探しましたが、ない。代わりに選んだのが、日清麺職人醤油味。久しぶりに食べたカップ麺はなんだかとても美味しくて、一気に力がみなぎってきました。

 

AM6:00  陣痛が8分間隔に。電話の前に立ち寄ったのは…

 

陣痛は8分間隔だったり、たまに10分超えたり。痛みも、生理痛の、鎮痛剤飲み忘れた時くらいのレベルだったので、まだ本陣痛とよべる自信がなく、とりあえず所用を済ませて、そこでまだ8分間隔が続いてたら産院に電話して病院にそのまま向かうことに。

向かったのはセブンイレブンと、TSUTAYA。

セブンイレブンは、助っ人に入る夫君の食糧&私の水分を買う為でしたが、夫君が買ってきてくれたアメリカンドッグがこれまた美味しそうでほぼ間食。

TSUTAYAは、aikoのアルバムを借りていたので忘れないうちに返却を。

ここで、8分間隔の、来た時には呼吸を整えなければいけないくらいの波がきていたので産院にこれから向かうコールをしました。

 

家を出る時は、深い霧がかかっていましたが、この頃にはすっかり霧も明け、快晴に。

 

kiroroの「生きてこそ」の歌詞で、

パパ、私が生まれた日の空はどんな色?

という部分がすごく好き。

いつか娘に聞かれたときに、見せられれば、と思い写真をパチリ。

f:id:shirokumakko:20180718225854j:plain

「促進剤イヤだって言ってたから、ちゃんと聞いてくれたんだね~親孝行な子だね~」

なんて、まだまだ余裕をぶっこいてました。

 

AM6:15入院~個室の陣痛室はやはり良い

 

一人目の出産のときは総合病院だったので、陣痛室はカーテンで仕切られた大部屋。

これが、精神的に結構苦痛で、今回の個人病院にして良かった大きなポイントは陣痛室が完全個室だったこと。TVを付けたり、音楽を流したり、やりたい放題です。

すぐに内診され、子宮口はこの時3~4センチ。一人目は入院から6時間、結構な痛みの時でそのくらいなので、やっぱり経産婦は早い。

そして、入院から2時間、まさかの朝ごはん!

きのこのリゾットだったので、お腹いっぱいでしたが勿体無いので間食。

まだまだ痛みも弱く、間隔も8分からなかなか進みません。

体勢を変えると、お産が進むと部屋のポスターに書いてあったので、四つん這いやら、あぐらやら、しゃがんでみたり…色々しました。

痛みは強くなってきたものの、一人目の時のピークの痛みが10なら0.5程度。

これはまだまだ長くなるかな…と思い、ウトウトしてきました。

 

AM9:10先生登場~まさかの決断を迫られる

 

夫君も私も完全に寝ていると、突然院長先生が登場!

「はい、しろくまっこさんね~子宮口は・・そうね~5センチくらい、まだかな~。じゃあ、これから促進剤打ちますね。同意書持ってきた?今準備してきますからね~。それと、寝てると陣痛進まないから、なるべく体勢起こしててね!」

「ええっ!!!!!!…そくしん・・・ざい???」

耳を疑いました。

せっかく、自然陣痛がきたのに、促進剤使うの?っと若干パニックになっていると、またひょっこり院長先生が戻ってきて、

「すいません、ちょっと説明が足りなかったね。促進剤といっても、陣痛は定期的にきているみたいなのでちょっとお手伝いをする程度で微量から行っていきます。今からだとお昼過ぎには生まれると思うよ。」

これは…院長先生完全に勘違いしていたパターン(と推理した)。

陣痛が来ないから普通に入院してきたと思っていた(と推理した)。

で、痛みもきてないのに呑気に寝ている私を見て、ちょっと何だコイツと思った(と推理した)。

看護師さんも、ちゃんと説明してよ!!

 

「あ、の…なるべく、促進剤は使わずに、でも今日中には産みたいと思うんですが、このままだと結構かかりますか?」

「それはわかりません(即答と苦笑い)」

ですよね~私も聴きながら気付いてましたよ…

「促進剤使えば進みも早いです、でも、もちろん希望であればこのまま痛みが強くなるのを待ちます。こればかりはお好みですね。ただ促進剤を使えるのは午前中だけです。午後になってからだとお産が夜になってしまって人手も足りなくなるので…」

お好み?!こんな大事な場面で”お好み”って!!!単語をまさか聞くことになるとは…そんな軽い感じで大丈夫なの??!

 

その後、だんまりを決め込む私に、看護師さんが見かねて、

「すぐに、決めなくてもいいのでゆっくりご主人と話してください^^;」とフォロー。

促進剤を使うのであれば、11時が決断のリミットだと言われました。半分涙目になりながら、夫君と話合いがスタート。この時AM10時。

 

避けて通れたと思った促進剤 さてどうする私?!

 

頭をよぎるのは、促進剤を使うと、無理やり陣痛を進めるからかなり痛いという先輩たちの言葉。

何より、私たちの気持ちを知ってか知らずか、自然と出てこようとしてくれているお腹の子の気持ちを無視して、促進剤で焦らせることに抵抗が。

夫君は「それは予定日超過してるから、そのリスクも考えてるんじゃないの?」と言いますが、私の生理周期は36日。8日遅れなわけだから実は予定日自体8日早まってて、本当は今日が予定日だったんじゃないか。ピッタリじゃないか。

でも、産後のこともあるし、なるべく体力は残しておきたい…

病院側としては、陣痛室に閉じこもっていられるより、さっさと終わらせたいよね、夜に産むと何かと大変だし…要は促進剤使うのって病院側の都合!?

 

なんてうだうだ悩んでいるうちに、リミットの11時が迫ってきます。

 

私たち夫婦が出した結論とは?!

長くなってきたのでいったんこの辺で^^;

読んでいただきありがとうございます!